« 経営実態調査アンケート | トップページ | 処遇改善は介護報酬内で »

ナイトホーム

とうきょうと福祉ナビゲーションのサイトに
「とうきょうの地域包括ケアを考える」というページがあり、認知症デイサービスセンター活用モデル事業が紹介されています。(名前はナイトホーム。素直にナイトサービスにはしたくないようです。)

事業の概要というところに

顔なじみの職員が夜間対応することが基本で、昼間のデイサービスの職員が夜間も対応。

と書いてあり、職員がぶっ通しで働くことになったのかな?と思いました。読み進んでいくと、

夜勤の出来る職員の確保に最も力をいれ、苦労をした。と書いてありました。

予想通り、夜勤がないからデイサービスで働いている、という職員が多かったようで、新たな採用とグループホームからの異動で何とか確保したそうです。

さて、この問題はお泊りデイサービスだけのものではなく、24時間定期巡回訪問介護・看護が新設される訪問介護にも押し寄せてきます。ただでさえ、減少傾向にあるホームヘルパーの中から夜勤対応者を確保していく、新たに採用をしていく、ということが滞りなく行えるのか、注意深く見守りたいところです。

東京都豊島区の介護保険事業所
(有)ホームケアながさき
http://www.homecare-nagasaki.com/

|

« 経営実態調査アンケート | トップページ | 処遇改善は介護報酬内で »

介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500543/52981538

この記事へのトラックバック一覧です: ナイトホーム:

« 経営実態調査アンケート | トップページ | 処遇改善は介護報酬内で »