« 長寿企業に学ぶ | トップページ | 処遇改善加算を取りますか? »

障害福祉サービス 報酬改定

厚生労働省のホームページに
「平成24年障害福祉サービス報酬改定について」 がUPされています。

 

サービスコードや報酬単価などの細かいことは記載されておらず、方向性を示したものとなっています。

 

福祉・介護職員の賃金月額1.5万円相当分の引き上げ経費として新たに処遇改善加算を創設

 

という点は、介護保険と同じですが、
「交付金の申請率が低いこと等を踏まえ、加算要件を緩和した一定額の加算を創設(賃金月額0.5万円相当)を併せて創設」
するとあります。これは、処遇改善加算を算定できない場合に算定するようで、処遇改善は二階建ての構造になると思われます。

 

気になる報酬ですが、

 

前回改定以降の物価の下落傾向を反映させ、原則として一律に(▲0.8%)基本報酬を見直し

 

とあります。介護保険では +1.2% -処遇改善交付金2% = -0.8% と言われていますが、障害でもこの数字が顔を出しています。

 

 気になるのは、物価の下落傾向を反映 というところで、先に日銀は1%の物価上昇を目指すとインフレ誘導を決定しております。しばらく物価が安かったからといって報酬を下げたところ、インフレ局面を迎えて 実質報酬がずるずると目減りしていく という状況にならなければ良いのですが....。

 

東京都豊島区の介護保険事業所
(有)ホームケアながさき
http://www.homecare-nagasaki.com/

|

« 長寿企業に学ぶ | トップページ | 処遇改善加算を取りますか? »

介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500543/54169020

この記事へのトラックバック一覧です: 障害福祉サービス 報酬改定:

« 長寿企業に学ぶ | トップページ | 処遇改善加算を取りますか? »