« 処遇改善加算を区分しましょう | トップページ | 明日開催 世界のリーダーシップ論 »

国債入札が札割れ

16日に行われた日銀による長期国債の入札が札割れ(売れ残りが出ること)になりました。およそ2割が未達です。

消費税引き上げについて議論はありますが、そうこうしている間に国債札割れ→長期金利上昇→利払い額増加と状況は悪化していきます。

現在1.8%の長期金利が仮に1.9%に上昇すると
23年度末で長期国債残高は700兆円程度あるらしいので
700 × 0.1% = 0.7  で7,000億円も利払いが増えてしまうのです。もちろん短期金利も引きずられて上がるでしょうから、更に利払いはかさみます。

こうして利払いが増えていったときに
「国は国債を償還し続けることができる」
という信頼を維持できないと、更に金利上昇を招きます。兆の単位で利払いが増えるかもしれません。財源が確保できていないと、
赤字国債発行 → 更に金利負担が増える →また金利上昇 の悪循環に陥ります。

経済成長させて、税収を増やす という理論は正しいと思いますが、景気対策をやってもすぐに効果が現れるわけではありません。その間にも金利は動いています。景気対策に使った赤字国債にも金利がかかり、負担は増えていくのです。

耐えていかれるでしょうか?
社会保障(医療・介護・年金)は財政頼みであり、携わる人間としては成り行きが非常に気になるところです。

東京都豊島区の介護保険事業所
(有)ホームケアながさき
http://www.homecare-nagasaki.com/

|

« 処遇改善加算を区分しましょう | トップページ | 明日開催 世界のリーダーシップ論 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国債入札が札割れ:

« 処遇改善加算を区分しましょう | トップページ | 明日開催 世界のリーダーシップ論 »