« スカイマークに東京都が抗議 | トップページ | 医師と看護師が... »

日本脱出 あなたの「資産」をどんどん奪い取る犯人

何気なく手にとって購入した本です。

あさ出版
午堂 登紀男 著

P6060024


首相が消費税増税に前のめりになる中、
「増税の前にやることがあるだろう」
という言葉がスローガンと化している今日このごろ。

著者は、税金の無駄づかい=政府のお金を使う能力の低さを指摘しています。
(以下、引用)

  • 税金を払うと無駄な道路ができる。
    国会で居眠りしている政治家の歳費に消える。
    天下り官僚の高額な給与や退職金に消える。
    癒着企業やトンネル法人の利益になる。

こうなったとき、税金はもはや社会貢献ではなく、ただの浪費です。

  • 国家予算は不思議な使われ方をしています。
    投資の知識と技術を持たない人が、年金などの運用をする。
    返すアテがあるかどうか不透明なのに借金を重ねる。
    企業経営の経験がない人が、ビジネスに関する規制を作る。
    人を雇ったことのない人が、労働規制を作る。
    自分のお金すらうまく使えていない人が、国民から集めたお金を使う。

納税は国民の義務であり社会貢献という常識を信用していいのか。
(引用終わり)

他にも色々なことをとりあげていますが、ひとつひとつがシンプルにわかりやすく書かれており、読みやすい本でした。

日本の国家債務は1,000兆円に迫ろうとしています。その使い方や、債務が累積した原因を正さずに、「大変だ!大変だ!」 と増税だけ押しつけるのでは、国民は納得できないでしょう。

もう人口は減ってきているのですから、「国民の代表」たる国会議員は(地方自治体の議員も)減らすべきで、更に、電車タダ乗りとか、タイゾー君が言った
「文書代だけで月200万円ですよ!

という庶民感覚から乖離しているようなところを削る、というか無くすという姿勢が必要かと思います。

4月に介護報酬改定が行われましたが、これについて議論する介護給付費分科会でも、赤い字で記載したようなことがまかり通っています。なんとかならないものでしょうか...

ケアプラン作成いたします。
東京都豊島区の介護保険事業所
(有)ホームケアながさき
http://www.homecare-nagasaki.com/

|

« スカイマークに東京都が抗議 | トップページ | 医師と看護師が... »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本脱出 あなたの「資産」をどんどん奪い取る犯人:

« スカイマークに東京都が抗議 | トップページ | 医師と看護師が... »