« 中小企業の4社に1社は、大企業より儲かっている。 | トップページ | 社会福祉法人は財務諸表を公表せよ! »

平成25年4月ヘルパーの資格制度改正①

今まで、2級、1級のヘルパー資格と介護職員基礎研修修了、介護福祉士と、混在していた介護ヘルパーの資格が、平成25年4月から整理されてすっきりとしました。

この資格体系について理解を深めようと、ネットサーフィンをしていたところ、日本ホームヘルパー協会のサイトの記述が目に留まりました。


初任者研修修了者がサービス提供責任者となるには、これまでの2級課程修了者と同様、3年以上の実務経験が必要です。

25年3月いっぱいで解職されたサービス提供責任者は、基礎研修や介護福祉士を取るまでもなく、初任者研修を受け直せばサービス提供責任者に復帰できるのですか?(3年の実務経験は既にありますから)

2級と初任者研修のカリキュラムはほぼ同じです。どちらかというと実習がなくなる分、初任者研修の方がグレードダウンかもしれません。

なのに、何故???

あ、わかりました。

初任者研修修了、実務経験3年でサービス提供責任者になれます。

(ただし、事業所の報酬は10%減算になりますけれど)

のカッコ書きが書いてないだけなのでしょうね。 

そうでないと辻褄があいません。

ヘルパーU-17プロジェクト進行中!
東京都豊島区の介護保険事業所
ホームケアながさき
http://www.homecare-nagasaki.com/

|

« 中小企業の4社に1社は、大企業より儲かっている。 | トップページ | 社会福祉法人は財務諸表を公表せよ! »

介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500543/57251332

この記事へのトラックバック一覧です: 平成25年4月ヘルパーの資格制度改正①:

« 中小企業の4社に1社は、大企業より儲かっている。 | トップページ | 社会福祉法人は財務諸表を公表せよ! »