« 女性リーダー | トップページ | 27年度介護保険改正 »

生活保護受給者にジェネリック使用法制化

生活保護者にジェネリック(後発薬)を処方することは、既に法制化されていますね。(実は20億円程度の削減しか見込めないようですが)

さて、高齢者の日常を見ていて思うのですが、何かしら持病のようなものがあるのは仕方ないとして、複数の医療機関を受診して、お薬も処方してもらっているケースが多々見受けられます。時には お薬コレクター の様相を呈していることもあります。

同じ効用の薬がダブってしまうことだけでも無駄なのですが、往々にして服薬をしないまま、すべてが無駄になってしまうのです。

また、服薬はきちんと出来る方でも、お亡くなりになった後、薬が残されるケースもあります。故人のお薬では、あまり気分の良いものではないですが、それでも、服用すればきちんと効用がある立派なお薬です。

なので、こうしたお薬をリサイクルする仕組みを作ることも、削減効果があるのではないかと思います。もちろん、ご本人が調剤薬局で購入した所有物 ですので、強制的に回収することは難しいでしょうけれど、税金をお薬の形にして捨てている状況は改めなければならないと思うのです。

ホームヘルパー募集中
東京都豊島区の介護保険事業所
ホームケアながさき
http://www.homecare-nagasaki.com/

|

« 女性リーダー | トップページ | 27年度介護保険改正 »

介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500543/60722541

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護受給者にジェネリック使用法制化:

« 女性リーダー | トップページ | 27年度介護保険改正 »