« 介護ソフトシステムに統一規格を | トップページ | 新年あけましておめでとうございます。 »

事業所が倒産・閉鎖した場合の実務経験証明について

こんにちは。

介護報酬のマイナス改定以来、メディアでは介護事業者の倒産件数増加を伝えています。


介護福祉士等を受験する場合に、勤務していた事業所がなくなってしまっていたら、実務経験はどうなるのでしょうか?


社会福祉振興・試験センターでは、必要な書類を揃えて提出すれば認めることにしていました。


ただし、会社謄本、雇用契約書、給与明細、勤務表といった書類で、会社・事業所が存在しないこと、受験資格のある職種で勤務していたこと、勤務した期間、日数を証明できないといけないようです。


2年前の給与明細などは、とっておかないですからね。結構、ハードル高いですね。


スキャンしたり、スマートフォンで撮影したもので良ければいいのですが、おそらく紙の現物が求められるのでしょうね。


念のため、大きな封筒に、給与明細等をドンドン放り込んで保管しておくのが良いようです。



ホームヘルパー募集中!
東京都豊島区の介護保険事業所
ホームケアながさき
https://www.homecare-nagasaki.com/

|

« 介護ソフトシステムに統一規格を | トップページ | 新年あけましておめでとうございます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事業所が倒産・閉鎖した場合の実務経験証明について:

« 介護ソフトシステムに統一規格を | トップページ | 新年あけましておめでとうございます。 »