介護

介護サービス事業所・施設等における感染症対策支援事業等及び職員に対する慰労金の支給事業について

こんにちは。

東京も雨が続きますね。

 

さて、47都道府県の中では既に申請が始まっているところもあるようですが、タイトルの慰労金について、厚生労働省の資料を読んでみました。

 

誰かに読んでもらうというよりは、自分のための覚書として書いておきます。

 

・新型コロナウィルス感染症緊急包括支援事業

実施主体は都道府県。

「最大限の感染症対策を継続的に行いつつ、必要なサービスを提供する体制を構築するための支援を行う。」

ものです。

 

感染症対策を徹底した上での介護サービス提供支援事業

「感染症対策を徹底した上での」という注釈がついているのが気になりますが、全ての介護サービス事業所が支援対象です。

 

支援対象は、

「令和2年4月1日以降、感染症対策を徹底した上で、サービスを提供するために必要なかかり増し経費が発生した介護サービス事業所・施設等」

です。

「徹底した上で」なおかつ「必要なかかり増し経費が発生」していなければならないようです。

 

支援対象経費は、aからoまで例示されていますが、当社はたまたま4月末に、介護ソフトの親機にリモートでアクセスできる仕組みを導入したので、kのタブレット等のICT機器の購入又はリース費用が当てはまりそうです。

 

都道府県における衛生用品の備蓄等支援事業

今後に備えた都道府県における消毒液・マスク等の備蓄等

とありますので、都や県がマスクや消毒液を備えるということなのでしょう。

 

緊急時の応援に係るコーディネート機能の確保等

「施設等で感染者が発生した場合などに、地域の他の介護サービス事業所・施設等と連携して当該事業所・施設等に対する支援を行うことを可能とする観点から助成を行う」

というものですが、職員が手薄になったときによその事業所から助っ人が来てくれる、ということですかね?

介護報酬は、助っ人を出した方に入るのでしょうか?

 

介護サービス事業所・施設等に勤務する職員に対する慰労金の支給事業

これが今回の目玉です。(笑)

「強い使命感を持って、業務に従事していることに対し、慰労金を給付する」

とのことなので、仕事をしていればほぼ無条件に慰労金がもらえます。

 

支援対象者

(Ⅰ)介護サービス事業所・施設等に勤務し、利用者と接する職員

 これだと内勤事務の人はもらえませんね。

 

(Ⅱ)①介護サービス事業所・施設等で通算して10日以上勤務した者

②「利用者との接触を伴い」かつ「継続して提供することが必要な業務」に合致する状況下で働いている職員

この2つに該当すればもらえます。

慰労金は1人1回です。

 

支援額

実際に新型コロナウィルス感染症患者又は濃厚接触者にサービスを1度でも提供した職員 1人20万円

それ以外の職員 1人5万円

 

今回の慰労金は、非課税所得です。

 

介護サービス再開に向けた支援事業

①在宅サービス事業所による利用者への再開支援への助成事業

令和2年4月1日以降、サービス利用休止中の利用者への利用再開を行った在宅サービス事業所が支援対象

②在宅サービス事業所における環境整備への助成事業

令和2年4月1日以降、感染症防止のための環境整備を行った在宅サービス事業所

 

「3つの密」を避けてサービス提供を行うために必要な環境整備に要する購入費用

とあるので、先ほどのリモートアクセスシステムの費用は、こちらで請求しても良さそうです。

 

ちなみに慰労金は、介護従事者が勤務先の介護サービス事業所・施設等に代理受領委任状を出して、受け取ってもらう仕組みです。

第2波の休業等で資金繰りが悪化して、慰労金を預かったまま事業者が倒産したりすると大変ですね。

 

かけ持ちで働いている人は、「主たる勤務先」に記載された事業所から受け取ることになります。

扶養控除申告書に、どこの事業所を書いたか覚えてますか?

 

せこいこと言いますが、事業所が介護職の口座に振り込む手数料も補助の対象となるそうです。

 

事業所は、慰労金受給職員票に支払い年月日及び支払い金額を記入するとともに、支払い記録を保管しなければなりません。

 

ホームヘルパー募集中!
東京都豊島区の介護保険事業所
ホームケアながさき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

医療崩壊へ秒読み

こんにちは。

小池都知事が2度にわたって会見をしましたね。

 

不要不急の外出は自粛してほしい。

バー・ナイトクラブへの出入りは避けてほしい。

カラオケボックス・ライブハウスへの出入りは避けてほしい。

 

これは、新型コロナウィルスは、ウイルスが体内から消えるまでの期間がおおむね2~3週間程度あるので、患者増加がゆっくりなら受け入れに余裕ができるが、急激だとひっ迫する、という危機感からの要請です。

 

名指しされた業種の方々にとってはたまったもんじゃありませんが、それだけ重大局面が迫っているということでしょう。

 

兵庫の病院に勤務する医師は、

ECMOがあるので、重症患者受け入れの問い合わせが来た。

兵庫の受け入れ病院がパンクしつつある。

コロナ患者が入院すると、他科の診療も止まってしまう。

兵庫がこんな状態だから、東京は本当に危険。

と話しています。



現時点で、無発症感染者は相当数いると思います。花粉症の時期と重なるので(症状も)わかりずらいですが、若干の症状が出ている人もいるでしょう。

こうした人たちが、自覚なく歩き回って感染を広げ、重症者を増やす、そして医療の最前線がパンクする。

これを防げるかどうか、ひとりひとりの行動にかかっています。


首都東京で医療崩壊の秒読みが始まっているのです。



ホームヘルパー募集中!
東京都豊島区の介護保険事業所

ホームケアながさき




 

 

| | コメント (0)

新型コロナウィルスで混乱

こんにちは。

新型コロナウィルスの感染拡大にともなって、いろいろと混乱が起きていますね。

 

昨日は、この事業所周辺のスーパー、ドラッグストアからトイレットペーパーが姿を消したそうです。

オイルショックから50年(?)近くたって、まだ同じことが起きるのですね。

3.11のときは、日本人の民度の高さを誇りに思えたのですが...

 

さて、感染しないのが一番ですが、もし、感染したとしても軽症のうちは病院には行かない方が良いようです。

現時点では、治療法もないため、病院に行ったところで「自宅療養」ということで帰されることになります。

また、キャリアの人たちが集まることで更に感染を広めることになりかねません。

新型ウィルス発生の前から、日本は医師不足でした。診察できる医師には限りがあります。

誰も彼もが殺到したら、医療崩壊を招きます。

TVのコメンテーターには、「軽症者切り捨てだ!」と叫ぶ人もいるようですが、一番合理的な対応だと思います。

 

感染防止のために注意することは

ドアノブや手すり、こういったところに触れる機会を減らすこと。

ビュッフェ形式のトングなども、皆が触るので汚染されやすいです。

長時間、大人数で締め切った空間に滞在することを避ける。

こうしたことを、手洗い・うがい、マスク着用といった基本的な感染予防策に加えて行うのがよいでしょう。

 

そして、新型コロナウィルスはインフルエンザほど感染力は強くないこと。

8割の人は軽症で終わる。

ということも頭に入れて、正しく怖がるという意識が大切です。

 

ホームヘルパー募集中!
東京都豊島区の介護保険事業所
ホームケアながさき

| | コメント (0)

第172回 社会保障審議会介護給付費分科会議事録より

こんにちは。

 

令和元年11月15日に開催された社会保障審議会介護給付費分科会の議事録が公開されました。

おもに、居宅介護支援事業所の管理者を主任介護支援専門員とすることについて話し合われています。

 

すでにメディアで報道されてもおりますが、

 

「令和3年3月31日時点で主任ケアマネージャーではない方が管理者をやっている事業所、こういった事業所につきましては、主任ケアマネージャーではない管理者がそこの管理者である限り、主任ケアマネージャーとする要件の適用を令和9年3月31日まで猶予することとしてはどうかということでございます。」

「令和3年4月1日以降に新たに管理者となられる方は、いずれの事業所であっても主任ケアマネであることを求めたいということでございます。」

という緩和措置が提案されています。


事業所運営においては、緩和措置があるのは助かりますね。

 

そして、この緩和措置がとられると主任ケアマネージャーだけでなく、現在管理者をしているケアマネージャーの賃金も上昇するでしょう。

 

さらに報道されているような、ケアマネージャーの処遇改善加算が導入されるとかなりの待遇改善につながるのではないでしょうか?

 

ホームヘルパー募集中!
東京都豊島区の介護保険事業所
ホームケアながさき

| | コメント (0)

【読書感想文】介護職がいなくなる

「介護職がいなくなる」 結城 康博 著

 

2時間程度で読み終わりました。

この本は介護業界の人に向けてというよりも、介護業界に関わりのない人たちに現場の課題を伝えることを意図しているようですね。

業界の人は、「そうだね、そうだよね。」と、特に真新しいことではなく、見聞きした内容ばかりかと思います。

 

その中で、外国人介護職についてふれているところがありました。

日本の為替がいつまでも有利であり続けるかどうか

この点は、個人的にも危惧するところです。

 

円でもらった給料が自国で高い価値を持つから、日本に働きに来るわけですね。だから、ギリギリいっぱいまで働こうという決意も芽生えます。

しかし、日本経済は失われた30年と言われ、経済成長率ではOECD加盟国の下の方です。

その上、世界で例のない少子高齢化と赤字国債残高という2つの問題を抱えています。

こうした不安材料から、あるいは輸出産業にとって円安が望ましいとのことで円安が進むと、日本に働きに来るメリットが失われてしまいます。

介護職が来てくれない、というだけでなく現在多種の産業に従事してくれている外国人の人たちが日本を離れるという状況も起こり得ます。

失われた30年、30年前の1990年の為替は1ドル146円程度でしたが、この水準になったときに出稼ぎ先として日本を選ぶでしょうか?

 

外国人活用も日本の国力に密接に関わっています。

 

 

ホームヘルパー募集中!
東京都豊島区の介護保険事業所
ホームケアながさき

 

| | コメント (0)

経営の3大リスクに備えること

こんにちは。

徐々に秋の気候になってきましたね。

 

わずかずつですが、近隣に事業所を廃止をするところが出てきました。

 

国が中小企業の事業承継問題に力を入れていますが、介護業界も御多分に漏れず、(介護業界であるから故に?)事業継続を断念するケースが出てくるのですね。

 

こうした情勢を考えると、会社経営は3つのリスクを回避することが大事になってきます。

 

1. キャッシュがショートするリスク

基本中の基本。現金を確保しておくということ。黒字でも現金が足りなければ会社は倒産します。

 

2. 経営者がショートするリスク

黒字で現金を確保できていても、次の経営者がいなければ廃業に向かいます。

 

3. 従業員がショートするリスク

モノを作り出す、サービスを提供する人たちがいなかったら事業ができません。お湯がないお風呂屋さんのようなものです。

 

これら3つのリスク回避ができたところが安定経営の道を進むことでしょう。

転職を考えている人は、これらの視点から検討することをお勧めします。

 

当社は1.2はクリア。3が一番の難題です。

 

ホームヘルパー募集中!
東京都豊島区の介護保険事業所
ホームケアながさき

 

 

| | コメント (0)

介護業界にもポリティカル・コレクトネス

こんにちは。

 

もうすぐ8月も終わるというのに、暑いですね。

 

さて、施設さんなどでは、外国人介護スタッフの受け入れが始まっているようですね。

 

今まで、単一民族(細かいこと言うと違うかもしれませんが)、単一言語、無宗教の我が国ですが、色々なことに気配りする必要が出てきます。

 

理事長さんや施設長さんが、何気なく言っていた

 

「これは、わが事業所のバイブルです」

 

⇒ アウトかもしれません。

 

「これは、わが事業所のコーランです」

 

と言えばいいのかというとこれもダメでしょう。(笑)

 

 

12月の飾りつけ Merry Christmas も Happy Holidays に変えた方が良さそうですね。

 

 

外国人が働く事業所では配慮が必要になってきます。

 

 

ホームヘルパー募集中!
東京都豊島区の介護保険事業所
ホームケアながさき

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

ホームページにフリー素材?

こんにちは。

 

灼熱の毎日ですね。(苦笑)

 

ホームページを作っても、検索順位が上がってこない。こんな悩みがあったりします。

 

最近は、Google さんもAIを駆使したクローラーを使っているようで、文章の内容や写真がコピーされたものだと評価が下がってしまうようです。

 

よく、「格安でホームページを作ります。」という広告がありますが、テンプレートにそれらしい写真素材を差し込んで出来上がり!

といったものだと、せっかく作ったのに検索順位が低くて広告効果がでない、という結果になってしまいます。

 

介護事業者さんのホームページを見て回ると、異なる事業者さんで同じフリー素材を使用しているのを見かけます。

「写真がかぶってる」

ちょっぴり恥ずかしいだけではなく、「コピー素材」と判断されて信用度が下がってしまうようです。

 

やはり、自分で文章を書いて、写真も自分で撮りましょう。

1事業所に1インスタグラマーの時代到来 (笑)

 

かなり憶測ですが...

 

 

ホームヘルパー募集中!
東京都豊島区の介護保険事業所
ホームケアながさき

| | コメント (0)

損保ジャパン あまった人材を介護事業に

こんにちは。

 

梅雨めいた天気になりましたね。日が差したと思っていたら、雲がたくさん出てきたり...

 

さて、報道によりますと損保ジャパンは2020年度末までに4,000人削減をするそうです。

 

そして、余った人員を介護事業に配置転換するそうです。

 

 

人手不足に泣く介護業界にとっては、千人単位で介護職が増えることは喜ばしいことですね。

 

でも、4,000人削減した上で余った人員と理解すると、そう多くはないのかも。

 

 

保険業界の人ですから、書類作成はお手のものでしょうね。この方面では戦力になりそうです。

 

 

ホームヘルパー募集中!
東京都豊島区の介護保険事業所
ホームケアながさき
https://www.homecare-nagasaki.com/

 

| | コメント (0)

救急車を呼ぶ前に

こんにちは。

 

梅雨入りしたようですね。

 

 

さて、高齢者に限らずですが、救急車をタクシー代わりに使うような事例が増えているそうです。

 

本当に必要なときに、救急車が駆け付けられないということになってしまうので、困りますね。

 

 

とはいえ、「具合が悪い、救急車を呼ぼうか?」

 

と迷うことはあると思います。

 

そんなときは、#7119 

 

救急相談センターが緊急性を判断してくれます。

 

 

ケアマネージャーやサービス提供責任者にも、現場から「様子がおかしいのですが、どうしたら良いでしょう?」

 

と電話が入ったりしますが、そういうときも#7119をダイヤルしましょう。

 

 

もちろん、緊急・重篤の場合は119番ですけれど。

 

 

ホームヘルパー募集中!
東京都豊島区の介護保険事業所
ホームケアながさき
https://www.homecare-nagasaki.com/

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧